本文へ


ホーム > 事業紹介 > 共同開発 > プロセス

共同開発

プロセス

アイデアをカタチにする共同開発のプロセス

  1. お客様の製品開発のヒラメキの種をご提案(企画開発)

    お客様の製品企画開発の出発点からお手伝いします。まず、消費者の潜在ニーズを客観的に分析し、お客様が製造販売するのに最適な新素材、技術、デザイン etc.あらゆる要素を考慮した斬新なアイデアをご提案します。我々のアイデアは、いわば“種”。開発担当者様のヒラメキを導き出す有益なアイデア・ソースをご提供します。

    マーケティング分析+技術・素材・デザイン・アイデア=ヒラメキの種

  2. お客様のアイデアとご要望をカタチにする設計図作製(製品企画・開発)

    お客様が企画された製品の使用シーンや使用感のイメージ、デザインやコスト、納期のご要望を考慮し、生産できるカタチへ落とし込むにはどういった仕様にすればよいかの製品企画を行います。構造や寸法は2Dで、全体的な形状イメージは3Dでご提案し、明確なイメージを固めていきます。

    製品企画→カタチへ落とし込む→図面作成

  3. 設計図をカタチに。機能モデル&デザインモデルの確認(モデル作成)

    2D&3D設計図で構造・寸法・形状イメージを承認いただいたら、実際にモデルを作成してカタチにし、機能とデザインをご確認いただきます。

    機能確認用モデル → 自動切削機等で作成機能確認用モデル → 自動切削機等で作成

    デザイン確認用モデル → 光造形等で作成デザイン確認用モデル → 光造形等で作成

  4. 量産できる最終のカタチの設計(製品設計・金型製作・量産テスト)

    2D・3D CADを用い、製品の最終形を図面化。そして抜きテーパーやパーティングラインを考慮しつつ、金型の構造を検討し、金型製作へ。出来上がった金型で量産テストを行い、必要に応じて調整を重ねます。

    製品設計→2D・3D図面作成→金型製作→量産テスト

    量産できる最終のカタチの設計

    量産できる最終のカタチの設計

  5. 自社工場とネットワークを活用した確かな製品づくり(量産・品質管理・納品)

    自社インジェクション成型工場と国内外の技術力の高い提携工場とのネットワークを活用し、確かなモノづくりの経験と実績をいかした様々な高技術・高品質樹脂成型品を製造。納品までの徹底した品質管理で、安心と信頼のモノづくりを実現しています。

    自社工場とネットワークを活用した確かな製品づくり

サイト内検索
powered by YAHOO!JAPAN