本文へ


ホーム > 事業紹介 > パッケージ > プロセス

パッケージ

プロセス

売り上げに貢献するパッケージ戦略のプロセス

  1. アイデアを現実的なカタチで、スピーディーにご提案(アイデア出し・図面設計)

    どのような商品に対する、どのようなパッケージをお客様は求めておられるのか。そのパッケージでどのような効果を狙っておられるのか。さらにプロと してのセンスや経験から、ニーズを超える付加価値をご提案できないか。これらを熟考することから、サンパックのパッケージづくりは始まります。そして、素材や形状、構造など、アイデアの要素を直接反映させる2D設計図を起こし、スピーディにご提案。サンパックでは実現可能なパッケージの完成イメージを初期段階でお客様と確認し、生産コストや最終の製品化までを念頭においた確実なモノづくりの遂行を心がけています。

    お客様の商品+求められるパッケージ=付加価値のご提案

  2. 現場スタッフにも消費者にも快適なカタチへの詰め(サンプル・検証・図面修正)

    2D図面をもとにサンプルづくりをし、より完成形に近い状態でお客様にご確認いただきながら細部の検証をします。例えば、食品のテイクアウト用の紙箱であれば、店舗スタッフの方々にとってより作業負担の少ないシンプルな構造であるかどうかを検証し、一段階でも少ない組み立て工程ですむように構造を詰めていきます。また、実際に商品が入った状態での持ち運びに耐えうるかどうか、箱の中で商品が型崩れを起こさないかなど、きめ細かく実践的に消費者の立場での使用感もチェックし、検証&修正を重ねます。

    現場スタッフにも消費者にも快適なカタチへの詰め

    現場スタッフにも消費者にも快適なカタチへの詰め

  3. 魅力あるデザイニングから確実な色校正まで(デザイン作成・入稿・校正)

    サンパックはデザイナー機能も備えており、パッケージに施すカラーリングや図柄などのデザインもトータルにご提案しています。日進月歩する印刷技術も知り尽くしていますので、演出性豊かなビジュアルの実現、および、確実な仕上がりをお約束します。また、お客様がデザイン部門をお持ちでいらっしゃる場合も緊密に連携し、印刷現場との技術的な調整役となって最良の結果に寄与します。

    魅力あるデザイニングから確実な色校正まで

    魅力あるデザイニングから確実な色校正まで

    <印刷方法>
    オフセット印刷・グラビア印刷・フレキソ印刷・シルクスクリーン印刷・インクジェット印刷

  4. 高い生産能力の提携工場との連携、安心・確実な製品化(印刷立会・量産・納品・品質管理)

    パッケージの種類(紙 or ポリなど素材、箱 or 袋など形状、食品に直接触れるなど使われる用途 etc.)や印刷方法、生産コストを鑑み、国内外の提携工場ネットワークを活かして、確実な製品化と納品を実現します。海外においてもサンパックのスタッフが生産現場に直接立ち会い、製品の最終段階にいたるまでのきめ細かな品質管理はもちろん、生産現場の安全管理体制、納品体制の確立にも努めています。

    用途別機能検討→素材の検討→形状の検討

サイト内検索
powered by YAHOO!JAPAN